HOME > むち打ちの症状

むち打ちの症状

むち打ち治療に対しての誤解

むち打ち治療に対しての誤解のイメージ

「交通事故のけがの治療は病院や整形外科だけ。」
・・・と思っていませんか?
「むち打ちは軽いので放っておいても大丈夫。」
・・・と思っていませんか?

これは大きな誤解です。軽いむち打ちでもしっかり治療することが必要です。

接骨院でも自賠責保険を使って交通事故の治療ができます。
大抵の病院や接骨院でも交通事故後の治療は行っていますが、専門で行っているわけではありません。

むち打ち治療の専門院「中野みのる鍼灸接骨院」で治療を受けてみませんか?

むち打ちとは?

むち打ちとは?のイメージ

むち打ちとは、交通事故等の追突、衝突、急停車等によって頭部が激しく動き、頚部などに障害が発生することをいいます。
「むち打ち症」は,正式な傷病名ではなく、「外傷性頸部症候群」・「頸椎捻挫」などとも呼ばれます。「むち打ち症」という名前からは、ムチで強くたたかれたときにできる外傷を連想しますが、本来は「ムチ振り症」とでもいうべきで、胴体の上にやや不安定な状態で乗っている重い頭部が、強い衝撃により、ムチを振り回してしなったときのような、S字形の動きを強いられ、それによって、様々な症状(頭痛、めまい、はき気、手先のしびれ)が出現します。
自動車事故、特に追突(おかまをほる)・衝突による場合が多いです。ほかに労働災害、スポーツ障害(ラグビー、フットボール、サーカー等のコンタクトスポーツ)による例もあります。

分類・症状

頚椎捻挫型
頚椎の周りの筋肉や靭帯などの損傷で最も多くみられ、むちうち症全体の80%を占めているとされています。
首の後ろや肩の痛みは、首を伸ばすと強くなります。また、首や肩の動きが制限されることもあります。
根症状型
頚椎に変形があったり、ならびに歪みが出来ると、神経が圧迫されて症状がでます。
首の痛みだけでなく、腕の痛みやしびれ、だるさ、後頭部や顔面に痛みが現れることもあります。咳やくしゃみをしたり、首を動かしたりすると強まります。
バレ・リユウー症状型
後部交感神経症候群ともいいます。
血行をつかさどる交感神経が損傷したり、椎間板や筋肉による圧迫によって、頚椎に沿って走っている椎骨動脈の血流が低下し、症状が現れると考えられています。頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現れます。
脊髄症状型
頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷つくことにより、下肢に伸びている神経が損傷を受け、下肢のしびれ等が起こり、歩行に支障をきたすようになることがあります。また、まれに尿や便が出にくくなるケースもあります。

予防

むち打ち症は基本的に予防することが困難ですが、不幸にも自動車事故に遭ってしまったら、できるだけ早く受診するようにしましょう。事故直後は自覚症状がなくても、2~3日後から症状が現れることもあります。放置すれば回復が遅れてしまう可能性もあります。また、むち打ち症は、シートベルトを正しく装着し、きちんとした姿勢で乗車するようにすれば、ある程度は防ぐことができます。

大きな地図で見る

所在地

名古屋市名東区藤森2丁目284
1Fミナミガワテンポ

最寄駅

名古屋市営地下鉄「本郷」駅より
徒歩8分

営業時間

月~金
9:00~12:00、16:00~20:00
9:00-14:00

定休日

水曜午後、日曜、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2015/12/22

年末年始のお知らせ

12月30日~1月4日まで休診です。
1月5日(火)より通常通りの受付となりますが
1月6日(水)は1月7日(木)の振替で午後も診療致します。
1月7日(木)は研修のために午前診療となります。

2014/02/13

中野みのる接骨院の分院として、本郷どまん前・接骨院を開院しました。

こちらの院でも同じ治療を受けることができます。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ